showもない

ぶっ飛んだピアスを身につけて欲しい

奢る事について

会社では若手と言う立場上、上から奢られる機会もある。一方で後輩ができ、先輩として奢る立場にもなった今、思うことがある。

 

昔は奢る奢られる事なんて、マウンティングの取り合い位にしか思っていなかった。

「奢ったんだから、その見返りを寄越せ」「お前よりも金があるぞアピール」としか感じず、「奢らんでいいから、対等に扱え」と憤慨していた。今思えばひねくれている。だから奢られた際にも申し訳なさそうに「すみません、ありがとうございます。」とマウントを取られた事を認めたくない風に憎たらしげに伝えていた。

 

でも三十路が見えてきた今感じるのは、大人になると一緒に遊んだり、ご飯に行ってくれる人と言うのは貴重なんだな、と言う事だ。友達はいちおいる。けれど家庭があったり仕事があったり、今晩どう?と軽く受け答えてくれる人はドンドン少なくなる。スケジュールを調整してようやく会えるけれど、そこまでして会いたい人なのか?疑問が湧いてくる。そういった前提に立てば、自分と一緒に楽しい時間を過ごしてくれる、その事実に感謝があり、その思いから奢る、と言うのは至極納得のいく話だ。気付いてからは早かった。堂々と奢られられる。ヘラヘラしながら「ご馳走さまでーす」と軽く言えるようになった。せめて気持ちよく奢らせてあげたいのだ。後輩の鑑である。

 

そう気付いたのは後輩が出来てからだった。

その後輩は奢られるのが嫌いで「ありがとうございます」とは言ってくれるが、内心としては本位でないの透けて見える。

ただ、僕としては先輩から奢られた恩を後輩に返しているだけで、脈々と受け継がれていけばいいな、と思うだけなのである。結局エゴにも似た押し付けで奢っているのだ。けれどそのエゴは感謝の上に成り立っている。

実は仕事も似たようなものだと思ってきて、先輩から後輩へ、色んな知識や経験だけでなく感情や誇りも引継ぐ。それを歯車と呼ぶのなら、意外と心地いいのかもしれない。

 

ちなみに異性間での奢りはまた別で、私は女性に奢るのは先行投資と思っている。どうせ結婚したならば私の給料で養う事となる(本音としては兼業が理想だが)。そう、未来の嫁候補であれば、多少の飯代など安いものだ。

 

ただ中にはプライドが高く「マウントを取られている気分になる」方や一方的に奢られる不公平感に耐えられない方もいるらしく、奢りを拒否したり他で返したりする。正直めんどくさいが、お財布に優しいのでありがたい。

 

なんの話や。寝よ。

吉澤嘉代子はメンヘラではない。

新曲「残ってる」が公開になりました。

 


吉澤嘉代子「残ってる」MUSIC VIDEO

 

初聴の感想としてはふたつ。
「うわ、メンヘラくせえ。」
「なんかむっちゃエロい。キキに憧れて魔女になりたかった少女ではなくて、20代の東京の女だ。」である。

 

とは言え、ファンクラブ会員としてはこの曲が新たに書き起こされたものでなく、以前から暖めていた楽曲がようやく陽の目を浴びたものだ、と知っています。
なので吉澤嘉代子が最近、似たような経験をして、即座に歌詞に書き起こしたわけではない。断じて違う。そんな男おったら殺す。以前から彼女は「東京の20代の女」なのである。それを露骨に出してきた、それだけの事である。

 

さて、妄想系シンガーソングライターと銘打たれる事の多い吉澤嘉代子氏ですが、では何故僕は「メンヘラくせえ」と思ったのか。

所謂メンヘラってえのは「相手への執着」が度をすぎていたり、感情を抑えきれずに出た行動が異常であったりするから問題視される(貴方を殺して私も死ぬ!リストカット等の自傷行為云々…。)と思っているのですが、

その点、吉澤嘉代子氏のなんと健気な事か。この曲での執着の対象はあくまで「身体の奥に残っているあなた」と「一夜にして街を超えていった季節」であり、名残惜しさである。
「あなた」ではなくその体感。もう少し余韻な浸っていたい。決してのんびりとしているわけではなく、自分の気持ちに対して、時間があまりに早く過ぎ去る事(と言いつつ「早朝」と言う小ぶりなスケール感がいじらしい。)への違和感。それに我儘に異を唱えたい、そんな楽曲なんだと感じている次第です。

 

この曲に相手への執着はない。
あれば「もっと一緒にいたい」や「すぐまた会いたい」と言ったニュアンスのフレーズが出てくるはず。安易ですね。

だからこそ吉澤嘉代子はメンヘラではないのだ。

 

余談ですが知人がTwitterで「かき氷色のネイルが剥げていた」で秋を表現する事への感銘を呟いてしました。その折に気付いたのですがこの曲、一番では「季節が変わった」事へは言及せず「昨日から今日への」変化に留めています。2番に入って初めて季節が変わる風景描写へシフトしています。上記の歌詞で夏の終わりを隠喩した後になって「夏は寒々しい」と言い、曲の最後で秋の到来を歌っているんです。でも「昨日を生きていたい」と締めくくる。時間の流れを冷静に捉え、夏から秋への季節の移行を受け入れている、その一方で気持ちだけはまだ夏に、昨日の余韻に取り残されている。時間感覚のダイナミクスと体感のズレへの抗いが、控えめに言って最高です。ああもう。

 

11月のライブで聴けるだろう、楽しみです。

夜を駆ける

前回に引き続き、スピッツへの愛を語ります。

何故なら初のライブ参戦が今週末に迫り、高まっているからです。

 

「名は体を表す」と言う諺がありますが、スピッツというバンド名は その印象と本質をよく表わしていると思います。

「ピ」の語感の丸さ、からの「ッ」による滑稽さには世間的なスピッツのイメージそのままですが、爽やかなサ行の中でも、鼻から抜けるウ段である「ス」から始まり、「ツ」と言う高く固いけれど主張しない音で終わる。スッと入って、余韻を残さず消えるから、合間の「ピッ」が強調される。アクセントも乗るしね。一方で単語本来の意味としては「尖っている、刺々しい」と言う裏の顔がある。爽やかとトゲトゲしさを、丸くボカしてる。音楽性にも反映されていると言うか、名は体を表す単語のナイスチョイスなんだけど、あまり知られていない。スピッツのことを「チェリー」や「空も飛べるはず」を知って終わって欲しくない。このブログはそんなスピッツの一面を代弁していく気持ちで運営しています。

 

 

 

「夜を駆ける」

スピッツの中で最も好きな曲です。

大学を卒業して地元へ帰郷する関越道、みぞれ降る中で運転しながら聴いていたのを覚えています。気付いたらボロ泣きして、思わずサービスエリアに寄りました。あれから早2年半。

 

youtu.be

 

ちなみにこの曲は、かの亀田誠治がアレンジャーとして参加しています。

そのせいか普段の彼らにはない壮大さと退廃さが漂っており、イントロからムンムンです。

アコギの音色と、シンプルだけど儚げなキーボードリフ、暗い情景が緊張感と共に浮かんで来る。

これはもう事件ですね。草野マサムネの作ってきた歌詞とコード進行だけから、このキーボードリフを思い付いた時点でガッツポーズしながら泣けるでしょう。

 

だが特筆したいのは、崎山氏のドラム。 

静かなイントロ~Aメロでは、感情を押し殺すように控えめなフレーズから、Bメロで手数が増えます。と言ってももたり気味のシンプルなもの。

それがサビに入った途端、まさに草原を駆け抜ける馬のような、夜道を急ぐ足音のような、焦燥感を駆り立てるフレーズをまくし立てるのです。

駆けていく足音と言うものは、人(テクテクテク)にしろ馬(パカラッパカラッ)にしろ規則正しくリズミカルですが、崎山氏のドラムは「タカタカタッ ッタッタカ」と言うスネアロールの繰り返し。これがダイナミクスを以って迫って来るのだから堪らない。控えめに言って最高です。

デザインや虚構の世界では、現実の忠実な再現よりもその二歩手前、人々が共通認識として持つイメージでとどめデフォルメした方が「そのものらしく」見える時があるそうです。(「不気味の谷」だとかはその最たる例でしょう。)音に着いても同じ事が言えて、映像の効果音などがそれです。先日TeDでそれ系の講演記事を読んだような…。忘れました。要するに、何だろう、卓越した演奏能力と最適なフレーズからくる演出効果がすごい?と言えばいいのだろうか。なんだか安っぽい。どれだけ散文を書き連ねても、曲の魅力をほんの一部も伝えきれない自分の文章力が情けない。頼む。いいから、聴いてくれ。

 

また、歌詞も珍しく風景画のようなです。

歌詞の解釈は最高に楽しいし、思う所もあるのだけど、草野マサムネ氏個人の魅力への言及になるので割愛。ググればいくらでも出てくるので是非。むしろ、メンバーが歌詞をどう解釈し、フレーズに落とし込んでいるかが気になっちゃう。

 

飲み明かしながら、朝までスピッツ生討論したい。 

 

日なたの窓に憧れて

スピッツと言うバンドが30周年を迎えました。僕が初めてファンクラブに入ったミュージシャンで、9月には初めて生でライブを観れると言う事実が今から楽しみで仕方ありません。

 

youtu.be

 

私事ですが、ハライチの岩井氏に顔が似ているとよく言われ、勝手に親近感を覚えています。

そんな彼が30周年を機にスピッツを語っています。余計に好きになってしまいました。好きなもの×好きなものの化学反応は強い。

 

で、なんで今回の記事を書いているかというと、改めて「日なたの窓に憧れて」を聴いたらめちゃめちゃ良かったから、それだけです。

 

youtu.be

 

君が世界だと気付いた日から

胸の大地は回り始めた

一行もない出だしの歌詞に、楽曲の世界観が凝縮されていて、どうしようもなく恋に浮かれた様が伝わってくる。

どういうプロセスを経たらこんな歌詞が出て来るのか甚だ謎です。だって君が世界だと気付かないし、気付いても胸の大地は回らない。胸の大地ってなんだよ、胸筋か?胸筋の起伏を山脈に例えているのか?にしても意味が分からん。この際「胸の」を無視したら大地が回り始めたになるわけで、この星ほ自転していない、もしくは公転していないってわけ?そんな星あるかい。しかもそれが君のせいで回り始めたの?神じゃん。君、神じゃん。天地創造でさえ四日目で太陽と月を作るって言うのに。

 

しかし何よりも、演奏が歌詞を楽曲に落とし込んでいくテクニックが素晴らしい。誰かが「歌詞が脚本で、バンドは演出」と言っていたまさにそれ。

崎山氏のドラム、特にハイハットの刻みが異様に心地良い。心をチクチクと刺されるようで、片思いのソワソワした感じを彷彿とさせるんです。

それからクジヒロコ氏のキーボード。ゆらゆらした陽炎じみた音色で、軽快なリフを繰り返す。正に落書きだらけの夢の中を漂うような、路頭に迷いながらも浮かれているような。メリーゴーランドのような。

音色やフレーズ、リズムパターンを言葉で表現しようと悩んでいると、歌詞にでてくる形容詞が、比喩が、ピタリと当てはまってくるこの感覚。

 

草野マサムネ氏は偉大ですが、僕はスピッツが好きです。